補聴器

補聴器

聞こえ方でこんな経験ありませんか?-難聴の症状かもしれません。
難聴は音が聞こえなくなるだけではありません。

こんな経験はありませんか?

  • はっきりと話す人の声はよく分かるが、ボソボソ話す人の声が聞こえない。
  • 良く知っている話題のときは困らないが知らない話題になると聞こえにくい感じる。
  • 静かな場所では困らないが、騒がしい場所での聞き取りが悪い。
  • テレビのアナウンサーの話はよく分かるが、バラエティなどのタレントの話は分かりにくい。
  • きちんと聞き取れなかったが、曖昧な返事で会話をする事がある。
  • 音は聞こえているが、内容が分かりにくい為テレビのボリュームを上げてしまう。
  • 自分は困っていないが周囲から聞こえが悪いと言われる。

※難聴は単に聞こえなくなるだけではなく、聞こえた音であっても鮮明に聞き分ける事が難しくなります。
 この様な経験がある方は難聴かもしれません。

難聴は治る?治らない?

難聴は種類によって治療できるものがあります。年をとったから等と自己診断せずに耳鼻科医の診断をお勧め致します。
特に突然聞こえなくなった場合は早期治療が重要となりますので早急に受診されることをお勧めいたします。

補聴器機能回復システムOtovac(オトバック)小杉店で導入しました。
真空機能により補聴器を乾燥させて劇的に回復。

医療処置で治らない難聴の場合には・・・

耳鼻科医で治療の必要がないと診断された難聴の場合は補聴器の使用をご検討下さい。補聴器はなるべく軽度の難聴から使用された方が慣れやすく活用できます。

【補聴器機能回復システム】

  • 真空状態で補聴器を乾燥させて除湿させる事で、補聴器本来の音を取り戻します。
  • エアホースから空気を吹き出し、空気孔(ベント)に詰まった汚れやゴミを効果的に取り除きます。
  • エアホースから空気を吸い込み、補聴器の出音口に溜まった耳垢を効果的に取り除きます。

補聴器の買い方はこちらから

MarriageRings

ジュエリーリフォームのご案内
あだち時計修理工房
あなただけの見え方が実現フルオーダーメイドメガネレンズ

ページ上部へ戻る